査定結果が出るまであっという間


宅配買取によってお酒を業者に送る前に行う見積もりは、あくまでも仮のものです。
仮査定で出してもらった金額で必ずしも買い取ってもらえるとは限りません
本査定の結果は、実際にお酒を業者が直にチェックをしてから算出してもらうもの。
仮査定と本査定の違いについての詳細は後で説明しますけど、とりあえず、実際の買取金額がわかるまでには少し時間がかかることを覚えておきましょう。

店頭買取を利用すれば、その場で買取額がわかりますし、出張買取も自宅ですぐに買取金額を提示してもらうことができますよ

さて、私の場合ですが、査定結果が出るまでにかかった日数は、お酒を業者に送った日から2日後でした。
業者に届いてすぐに査定して連絡をくれたんだと思います。
それまでは、「1週間くらいはかかるのかな?」と適当なことを思っていたので、この早さには驚きでしたね。

査定結果が出るまでにかかる日数は、売るお酒の数量や地域にもよるでしょう
住んでいるエリアと業者の所在地が離れていれば時間を要するのも当然。
お酒買取り依頼が殺到しているタイミングで送ってしまえば、順番に査定していくことになるでしょうから、多分もう数日要してしまうのではないでしょうか。

査定をしてもらう段階で、どのくらいの日数がかかるのかを聞いてみてもいいかもしれませんね。

仮査定と本査定の結果に多少の違いあり


仮査定で出てくる金額と本査定で出てくる金額には差があることがある、と最初に書きました。
私も、事前に出してもらっていた見積もりの額と実際の買取金額には差があったんですけど、業者も実物を見てみないことには細かい買取金額は出せませんから、ある程度はしょうがないでしょう。

私の中で、「これはなかなか高いんじゃないか」と思っていたお酒がありました。
本数は結構あったものの、それらのうちの数本は希望金額にならず、結果、何本かはキャンセルすることに。

キャンセルと言っても、全部の買取りを拒否したわけではありません。
査定額に納得いったものは全て買い取ってもらって、希望金額にならずにキャンセルしたお酒に関しては、業者さんから送り返してもらいました。

ありがたかったのは、キャンセル料もかからなければ、売るのを控えたお酒に関してもちゃんと梱包して送り返してきてくれたところ
私が利用したお酒買取り業者は、こちらに一切の負担をかけずに取引に応じてくれたので、本当に安心して利用することができました。